2010年8月6日生まれ バーニーズマウンテンドッグ雷蔵と2016年7月1日生まれ ビーグル琵琶の毎日~



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

雷蔵母

Author:雷蔵母
東京都在住 Tokyo,Japan

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


安易な交配

   
小雨の中、地面はぐちゃぐちゃの朝散歩
PB180003.jpg
「朝は水飲むよ。」 起き抜けに水を飲むのは、腸が刺激されていいって聞いたことあるな・・・

先日、大量のりんごの皮と芯を食べて、珍しくゲーリーだったうささ君。
ラビットフードの容器は空っぽ。 水分取りすぎだったのか。
PB180012.jpg
「ニンジン葉とキャベツなら安心。」

しかし、ラビットフードを食べたら治ってしまった。 丈夫なお腹の持ち主。


夕方はザーザー降りの中、散歩出発。
PB180016.jpg
「久しぶりに洋服着たよ。」

PB180017.jpg
雨の中、スタスタ小走り

PB180019.jpg
「これこれ!!」

用を済ませて帰りたい母と、臭い嗅ぎに乗ってきた雷蔵。

食欲旺盛なこの頃、朝食は手作り食、夕食は冷凍フードとフードを半々で。
PB180025.jpg
しかし、雷蔵冬彦坊ちゃん、冷凍フード丸ごと出すと「え?? これをどうすれば??」と言った表情。

母が一口サイズにカットして、タオルの上に並べる。

お皿に入れると凍ってるので、全てくっつくという・・・・・・男気強いなら、丸かじりしろって

PB180020.jpg
ご飯を全部食べたら、何か言いたげに台所へやってくる。

食後のデザート、本日は骨。

去年のダイエット時代、ハンドラーさんにおすすめされた「ドライド・ヴィールリブ」
PB180023.jpg
エリン舎さんに売ってる大袋ゲット

程よい硬さで歯にも安心、そしてカロリーは低い。


二階の本棚で見つけた「歳三」の写真。

2歳ぐらい。 雪が嬉しくて、庭で駆けずり回る。
15111801.jpg
ウエストあるし、意外と細いのでビックリ 40~45キロぐらいあった。

アレルギーあったし、股関節も良くなかった。 食事なんてアレルギー用ドッグフードに牛筋とキャベツ炒めて乗せただけを毎日。


その頃、「愛犬の友」に一軒だけブリーダーさんが出ていて、行ってみると相模原のアパートの一室

畳の部屋に新聞紙敷いてる上にワラワラパピーがいて、「好きな子選んでください。」とオタクっぽい人に言われたような。

その場で現金支払いで、母運転、叔母抱っこで連れて帰るという、今となっては驚きの引き渡し。

叔母と雷蔵を迎えにエリン舎さんに行った時、大きい施設でびっくり

「ブリーダーさんて! こういうもの???」と。


そして恐ろしいことに、バニの女子を飼ってる人から、交配させてくださいと言われ、子供が生まれてるし

昔、バニも珍しく、オスを探したら歳三にたどり着いたパターン。

叔母曰く、歳三を迎えに来て、交配して戻ってきたらしい。 近場の杉並辺りに住んでいたメスバニちゃんの家。


実は雷蔵も未去勢男子ということで、随分前、近所の獣医さんに交配しないかと言われた事がある。

「僕の専攻は交配なんで、相手は探します。」

勝手に交配は犬舎さんに禁止されてるので・・・と断ったけど、きっと避妊してないバニのメスを探すってことかと。


犬舎さんから2歳になったら股関節のレントゲンJAHDジャードを撮るよう言われてる。

そして雷蔵の場合、白のフレーズが太い白族なので、交配するのは黒族(フレーズが細い子)としないといけないらしいし、血統もさかのぼって考えなくてはいけない・・・・・などなど、色々吟味する要項多し。

股関節が両親共に異常なくても、形成不全が出る確率0じゃないし。

ここで、獣医さんの「相手を探します!」が、どんだけ信用ならんことかわかる。

交配専攻の獣医さんとはいえ、バニの事、詳しくないと血統までわからないよね・・・。

犬舎さんが無断交配を禁止するのも、よくわかる。

と、ますます安易な交配をしてしまった歳三、本当に子供達はどうなったんだろう・・・申し訳ない


無知って恐ろしい~~ 

| comments(10) | trackbacks(0) | page top |
Re: タイトルなし
犬太朗母ちゃん様

このあたりでも、ミックスのオスが、お散歩の途中にメスと交配して子供生まれたことあります。
ちょっとびっくりですが、問題はないのか・・・・ミックスはとても強いみたいです。
でも純血腫は考えてブリーディングしないと危険ですよね。

私も歳三の時は、なんとも思いませんでした。
病気だとか、股関節だとか全く考えたこと無し。
今思うと、本当に怖いことをしたなぁと。

犬舎さんとも買った時以来、一度も連絡とってないし、そう考えたら今の状況は有難い。
困ったときの犬舎さん、知識大事です。
Re: タイトルなし
笑富福家様

普通知らないですよね~私も犬舎さんから教えてもらいました。
あと、昨日ハンドラーさんが形成不全のセミナーには、世田谷のカワセ動物病院の先生がいらしてたらしく、その病院も詳しいそうですよ。経堂だったかな~
そこに行ってみるのもいいかもですね。

あら、サーファーの犬舎さん???
歳三の時は、相模原の一軒しか載ってなかったんですよ。
でも、色んな人に聞いても知らないって言われるし、もうブリーディング止めたんだと思います。
最近、お知り合いワンコさんが『友達と交配したのー』って言ってたのを聞いて、ちゃんと血統とか遺伝病とか色々検査しての交配なのかなぁ?って思ったばかり。
変な人って思われるのが嫌で詳しくは聞けなかったけど・・・ちゃんと調べて考えてブリードしてくれてると願ってる最中なのです。

『可愛い我が子の子供が欲しい』って思うだけで交配してしまう人がいまだに居るのも現状。
 金儲けの為に交配を繰り返すブリーダーも居るらしいし・・・
ワンコ界の為にも何とか意識改革が進まないかなぁ?と思う日々です。

 今はそう思ってる犬太朗母ちゃんですが、犬太朗を迎えようと思う前は、全然ブリードや遺伝について考えようと思った事はありませんでした。

情報収集出来る世の中になったのだから、今後、犬オーナー様の意識が変わって行く事を願っています。


 
JARD。知りませんでした(-_-;)是非とみ子にも受けさせたい。いつもの動物病院で普通のレントゲンで済ましてしまうトコでした。(いつも撮ろう撮ろうと思っていても、痛めてないとつい後回しにしてしまって…ダメ親ですね)
放浪生活だったので遺伝も何も一切分からないし、将来のとみ子の為にもそこはきっちり調べたいと思っていたのに…。何が出るのか分からないのは覚悟して親になっているので早く務めを果たさねば!と改めて思いました(苦笑)

『愛犬の友』先代のアレンは私もその中にあったブリーダーさんでした。だいぶ前に無くなってしまったようですが、神奈川の辻堂にありました。スタッフが皆サーファーでビックリしたことが思い出されます(>_<)歳三君の事を読んでいて、懐かしく思い出しました。
Re: タイトルなし
ティアママ様

そうですよね。
ティアちゃんは、整体と病院に通ってケアもきちんとされてて、本当に幸せなバニちゃんだと思います。
同じ事を全員の飼い主さんができるとは思えず。
きっと可愛そうなつらい目にあってるワンコがいるハズ。

一般の飼い主さんが交配??? 応援???・・・こんなに情報があふれてるのに????
検査なし???? いやいや・・・ありえません。
まず、JARDを専門医で撮って、異常なければ第一関門。
普通に歩けてても、動きにオカシイ箇所がなくても、関節の異常、専門医の先生はわかります。
普通の獣医さんはわかりません。
レントゲンも撮り方があるそうで、犬舎さんから先生を指定されました。
ちなみに、交配の専門医、バニについては知識ありませんでした。
それから相手の血統や白が優勢、黒が劣勢とか考えて・・・・それ、普通の人では無理ですよ。
立派な血統同士でも形成不全は出てます。

一般の飼い主さんが交配して、形成不全出てないんでしょうか???
そうだとしたら、ラッキーとしか言えないです。

今日、トリミングでハンドラーさんのところに行ってきましたが、昨日形成不全のセミナーに参加されてたそうです。
色々、専門医の話を聞いて、なるほど!と、頷ける点も多く、怖い部分もあったと。

ゴールデンと違って、形成不全プラス、バニはカラーの問題もあるから、より一層、交配も複雑なんでしょうね~とおっしゃってました。

安易な交配、昔の家みたいなバニ飼いさんが減るのを祈ります。
Re: タイトルなし
エレーナ母様

股関節も歩様とか異常なくても、JARDを撮って初めてわかる場合もありますよね。
交配って、それだけじゃなくて繁殖データも吟味する必要あるし、たとえ獣医であってもバニに詳しくないと無理ですよね。
なんか、交配の勉強してきたから、自信あります!と、おっしゃってましたが、バニに関しては無知な先生でした。

1歳超えたら、成長はそろそろ止まるかと・・・とか・・・・。
いえいえ、バニは特殊で5歳までは成長しますから!!
足だって一本ずつ伸びるんだから!!

ブリーダーさんが、満を持して交配しても、疾患が出る場合もあり。
本当、難しいですね。
ティアラは先天性の両肘関節形成不全と変形性脊椎症を持っています
ショップの子なので きっといい加減な交配で引き継がれたものです
ティアラはかけがえのない 可愛い大切な子です
でもこんな病気が無かったら 一緒にドッグダンスやアジリティや沢山楽しい事が出来たと思うとね…
将来だって どの様に成るかは分からないし 出来る限りの事はしますが 寝たきりに成る可能性は疾患が無い子と比べれば スゴく高い訳で 寝たきりも覚悟しての生活です
将来 ティアラが居なくなってしまっても
やっぱりティアラと暮らしたいと思う私はティアラの子供がいたらなぁと思いますよ
ちゃんと交配してくれていたら…
繁殖の専門医?何処までの知識が有るのでしょうね?疑問です
自分の可愛い子の子供 心情的にはとてもよく分かります
なら きちっとしたブリーダーさんから繁殖目的で迎えブリーダーさんの知識を借りて繁殖すれば良いのに
検査すらせず 安易な繁殖をしようとする飼い主が沢山います
特にバニの様に問題が有る犬種は止めて欲しいですよね
でも そんな事考えないバニの飼い主もいるのだと そしてそれを応援するかの様なバニ飼いも…悲しい事です
昔と違うのだから もっとよく考えて欲しいですね
健全なバニが増えるのも
障害を持ったバニが増えるのも 全て飼い主に掛かっているんですよね
命を産み出す責任をもっと感じて欲しいですね
長々スミマセン

JARDは血統書には乗らない両親の兄弟犬や、祖父母兄弟犬のデータが揃わなければ、このコの子どもを産ませちゃ駄目はわかっても、産ませていいかはわからないわけですし…。

やっぱり繁殖はデータをたくさん持っていてそれを解析することのできるプロのブリーダーさんに任せるに限りますよね。

願わくばすべてのバニ好きさんのお家に迎えられるワンコが健康なワンコで、幸せな犬生を送れるよう、
遺伝病の血筋が淘汰されていきますように。


Re: Re: タイトルなし
> シオン様
>
> そうそう、黒族じゃないとダメらしいので、シオンちゃんみたいな女子!
> どこまでが黒族白族ってわからないんですけど、シオンちゃんのパパは黒だし・・・と、血統をさかのぼってチェックするのかな。
> 全くの交じり無しもダメらしい。 遠くで交わってるのがベストらしいよ。
> シオンちゃんのブリーダーさんとこは、雷蔵パパの血が結構入ってるんだよね~
> この前のショーの出陳表見てて、もしかして今チャンピオンクラスで出てるメスの曾おじいちゃんが、雷蔵のパパじゃないかと・・・・・おじいちゃんの犬舎名が雷蔵と一緒だったから、たぶんそうだよね~

本当に、交配って素人が手を出すもんじゃないです。
歳三の血、残念だけど引き継がれないことを祈ります。
あら、黒族ならシオン雷ちゃんのお嫁さんになるチャンスがあったのね( ´艸`)血統はおそらく交わらないし、いけてた!?今となっては避妊女子なんで残念としかいえないんですけど(^-^;)お爺ちゃんとパパがショードッグなら子どももショードッグになれたかもとか夢と妄想だけは自由ですよね(笑)
我が子みたさだけで簡単には作れないし、産まれてきた子にも責任あるし、お産自体やっぱり怖いし…
どれをとってもしっかり考えて次世代のバニ達を残さないとダメってことなんですよね。


この記事のトラックバックURL:
http://raizo0806.blog.fc2.com/tb.php/1117-b155b7da
<< NEW | TOP | OLD>>