2010年8月6日生まれ バーニーズマウンテンドッグ雷蔵と2016年7月1日生まれ ビーグル琵琶の毎日~



   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
プロフィール

雷蔵母

Author:雷蔵母
東京都在住 Tokyo,Japan

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


ゴッドハンド Osteopathy

   
土曜日、佐野SAの旅籠屋に泊まった。
R0204755.jpg
部屋も広くて結構綺麗でビックリ!! 値段もお手頃でナイスだった。
外に面した部屋なので、すぐ外に出れるし、便利!

夕食は付いてないのでSAのレストランで
IMG_3829.jpg
IMG_3830.jpg
耳うどんと餃子。 

そして、ショーに出てないけど、久しぶりのいっ君。
R0204727_20161121171900453.jpg
「久しぶりのリンク近くは緊張するよ。」



遡ること、ショー前日、いつものように整体に行って、トリミングコース。
R0204646.jpg
「あ~気持ちいいです。」

実は、コインパーキングがなかなか見つからず、20分近く周りをグルグルして、やっと狭い駐車場に止めた。

雷蔵、降りるにしてもスペース狭し! なんとか下ろしたら後ろ足をズン!!と変な風に着地したような・・・・。

整体に向かうまでも、歩様・・・・微妙におかしい気がする。

「あれ? 雷蔵・・・・いつもの左後ろ肉球、痛めてる。 でも前のじゃないね、最近痛めてますよ、これ。」
R0204647.jpg
やっぱりやっちまってましたか

正直に白状する母・・・嘘はつけない、体でバレる。

雷蔵、隠そうと必死。 何度か治療して歩いてを繰り返す。

「うーーん、もうちょっとかな。」と、また寝て治療。
R0204651.jpg
「終わったら、オヤツ下さい。」

「明日ショーなんですけど・・・・大丈夫ですかね???」 
R0204653.jpg

「後で、肉球を冷やしておいて下さい。 それでたぶん大丈夫かと。」

ハンドラーさんに指摘されるかなーと、思いながらトリミングに連れて行き、お迎え。

「筋肉もついてますが、右より左後ろの方が筋肉少ないです。 足はちゃんと踏ん張れるし、大丈夫です。」

左後ろの肉球を痛めてたのもあるので、筋肉の左右差が出たらしい。

さすが、ゴットハンド 何事もない状態に

そして筋肉まで! ワフで夏ガンガン泳いでも筋肉つかなかった・・・・・これはもしかして整体の先生お勧めのアミノ酸サプリのおかげ???

運動を前よりガッツリしてるわけでもないし・・・・考えられるのはそれしかない。

「さ~今日もレバー食べるぞ
R0204827.jpg
以前と全く違う、やる気の雷蔵。

拒食時代、老犬レベルの怠くてやる気無し。 「食欲ないって言うのは、そもそも健康ではないです。肝臓悪くて怠くてとか。」と先生にいつも言われ。

最近は覇気があるし、食欲全開 検査結果を見返してみたら、肝臓数値、以前より低い! 

「今、体調もやる気も全てが一番いいですね。」と、ハンドラーさんにも言われた。

R0204833.jpg
「あ! ママだ!」 リンクサイドでは、母よりレバー持ってるハンドラーさんがいい様子。

先生いなかったら、今も覇気のない雷蔵で、皮膚も赤ぽつに悩まされ、ビッコとかになってたに違いない。

ほんと、ありがたい



そして本日、久しぶりに凜君ママとランチに繰り出し。

がっつり食べた後に、「パンケーキにチャレンジしてみよう!」と、最近吉祥寺に一気に3軒出来た中のグラム

入ってビックリ・・・・一組しかお客いない

どうやら名物のスフレみたいなパンケーキは11時、15時・・・とか、時間決まってるとメニューに有り

まさか・・・と、聞いてみたら20分待てばOKとのこと。 今までパンケーキブームにも乗らず、お初な母。
IMG_3837.jpg
じゃーーん 美味しくて軽くてペロッとイケル。 これはパンケーキというよりは、スフレですね。

年末、父兄姉、連れて来なければ!

まずーーーい大学のご飯自慢を、この前グループメッセンジャーでやり合ってた兄と姉。

こんなの食べたら、ひっくりかえるな。
| comments(2) | trackbacks(0) | page top |
Re: タイトルなし
EBONYママ様

そもそも前足の左小指を6ヶ月の時に捻挫して、病院に駆け込み、問題なしでそのままにしていたら、成長で体重も増え、肩に炎症が。そしてかなり長い間びっこでした。
色んな病院にかかり、これと言って解決策もなく、MRI検査をすることになり、ダメ元でお願いしたのが叔母の整体の先生だったので、患者犬第一号が雷蔵なんです。
病院では、癖ですね~、首ですよ、とか色々。 でも検査したら問題なし。
ほんと、ホームドクター化してます
うちも、春に車から降りる時に後ろ足を痛めまして(多分、股関節)
歩く時は普通なんですが、足が広げ気味になると「ヒャーン」!!
覚悟で病院(先日お話した病院ではありません)へ駆け込み診察してもらいましたが
診察台に元気にピョーン!上がったり下りたり忙しなく(7歳なのに幼いんです) で
そして触診だけで{大丈夫です!」になり。
結局、そのままで今のところ一応大丈夫ですが・・・?
ゴッドハンドの先生が近くにいらっしゃるのが羨ましいです。心強いですよね!!


この記事のトラックバックURL:
http://raizo0806.blog.fc2.com/tb.php/1449-a2a7b532
<< NEW | TOP | OLD>>