2010年8月6日生まれ バーニーズマウンテンドッグ雷蔵と2016年7月1日生まれ ビーグル琵琶の毎日~



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

雷蔵母

Author:雷蔵母
東京都在住 Tokyo,Japan

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


遺伝疾患 変性性脊髄症  a genetic disease DM

   
今日は寒くて風凄いです。

「僕はホコリまみれになります。」
P2020011.jpg

P2020006_20170202145453cac.jpg
P2020009_20170202145455d99.jpg
ゆっくり散歩できるのに

P2020012_201702021454572fa.jpg
「はっ???? どうした?? まさか・・・・・」

P2020017_2017020214545927e.jpg
「もう出すモノ出したから、帰ってなんか食べましょう~


一応、次のバニに向けて、勉強中の母。

Bernese Mountain Dog Club of Americaのサイトを見ていると・・・

アメリカのバニの場合、ショーの受賞歴のある犬は写真が掲載されて

これは去年のスペシャリティのNO1犬。
スクリーンショット (25)

クリックするとそのバニの情報が!
スクリーンショット (24)

検査した日付と、結果が表示。 交配する可能性のあるバニはデータが公表されている。

DMというのは変性性脊髄症の項目。 キャリアになってると、交配相手はクリアとしか出来ない。

DM項目、一つがキャリア、一つがクリア・・・どうなってるんだろう・・・検査が違う? でも二回受けているのは確か。

日本でも遺伝子検査ができる会社が バイオプラス


スクリーンショット (26)
検査できる遺伝疾患。 日本では検査可能項目は少ないけど、変性性脊髄症はできるらしい。


スクリーンショット (27)


両親からキャリア遺伝子を受け継ぐと発症する可能性もあるので、片方はクリアであることはマスト!

片親がキャリアでも発症はしないらしい。 あくまで両親の遺伝子が問題。

要するに、きちんとしたブリーディングされていれば発症することはない病気。 そこ大事!

この管理システム、凄いと思う。 やっぱりちゃんと検査した問題ないバニを交配に使って欲しい。

実は、父が申し込んでいるブリーダーさん、この前産まれたパピーの親は、DMがAT RISK(日本のキャリア) とキャリア(アフェクテッド)の交配。

あれ?? 片方はクリアじゃないと発症しちゃう可能性あるし と、悶々としていた。

それをショーで会ったアメリカに詳しいブリーダーさんに聞いてみたら「あーー、だから叩かれてたのかな。パピー返されたりしてたって話。」

マジですか??? やっぱり・・・・・

でもある意味、情報公開されてる分、そういう事も明らかになる。 

まぁ、年に一回交配するかしないかなので、きっと雷蔵家にはパピーが来ることはないと思ってたから、これも縁。

形成不全とかは両親が健全でも出る可能性あり。 それはもう仕方ないが、防げる遺伝疾患はちゃんと調べておきたい。



夜のグランドでは、もうすぐ11歳になるハル姉さんが
R0207517.jpg
見よ!! この足の踏ん張り 毎日レトリーブして3回散歩のハルナツ姉妹。
背中も真っ直ぐ 歩様も完璧
今からでもショーに出ても通用すると言われている。

R0207516.jpg
「僕も姉さん目指します。」 カキカキ・・・・・

やっぱり歳をとっても走れるって凄い!







| comments(10) | trackbacks(0) | page top |
Re: タイトルなし
P姉様

いつもブログを読んで頂いてありがとうございます。
はい、いくら犬が良くても健康で過ごせるかが一番大事です。交配には気をつけて欲しいです。
ありがとうございます! ベクタ? そんな全犬種検査してくれる機関があるんですね。見てみます。
心配な飼い主さんもいますし。
井の頭公園にもいらっしゃいますか??
是非、お会い出来たら嬉しいです!! バニ見かけたら声をかけて下さいね。
初めまして。いつもブログ拝見しています。
とてもためになることをupして下さるのでこちらで勉強させてもらっています!
DMに限らず、遺伝病なんてあってはいけませんよね。人間が気を付ければほぼ100%防げる病気ですし。。。
career×affected...考えられないですね。
遺伝子検査ですが、「ベクタ」という会社が犬種限らず検査出来ますよ。検査料金もリーズナブルで採取方法も口内の粘膜採取と簡単なようです。URL貼っておきます。http://www.veqta.jp/
因みに我が家はボーダーコリーと暮らしてます。時々井の頭公園にも行くのでいつかお会いできたら嬉しいです!
Re: タイトルなし
シオン様

そうだったんですね、専門医に最初から診てもらってたのは良かったかも。
コーギーに一番多いので、今は日本で遺伝子検査出来るみたいですよ。
おそらくだからこれから減ってくるのでは??
でもバニって大きいし、発症すると凄く大変な犬種なのに、日本では出来ない。
アメリカみたいに、繁殖犬の情報が公開されたら、むやみに交配出来ないのにね。
親の遺伝子調べたら、発症は抑えられるみたいなので、すべては交配だね。
Re: DMの検査について
バイオプラス本田様

ご丁寧にコメントありがとうございます。
バーニーズが検査不可とは、とても残念です。
アメリカのバーニーズ、公開遺伝子検査結果にDMは含まれております。
交配に配慮すれば発症を避けられる病気であるならば、是非導入検討を宜しくお願いいたします。
シオンのかかりつけの病院の院長は脊椎の専門家なんです。たまたま近所の病院なんですけどね。
なので、コーギーは症状からとレントゲンでおそらくDMと後ろ足の爪をすって歩き始めた時から診断されました。あれ?後ろ足の爪から血が出てる。これが最初です。先生と話をしていて、そういえば最近散歩で後ろ足の爪をすってあるいているような足音?がしてました・・・となり。もちろん、確定診断は確かに生前は出来ないんです。なので、MRIとかいろいろな検査をして他の脊椎疾患を否定してDMでしょうと診断されるのですが、10歳位だったので他の検査はせず、経過からの最終診断です。先生が論文書くのに写真もとられたりしてました。
そんな先生とすぐに出会っているので、車いすもすんなり購入して車いす生活してたんですよ。
普段から通っている先生がたまたま知識がある先生だったんです。治る病気ではないけれど、前足の筋肉をとかいろいろアドバイスを受けれたのは運が良かったのだと思います。
遺伝病であることはわかっていても治療法も発症確率もまだまだわからないことばかりのこの病気。
発症してからブリーダーに知らせる、では遅いんです。発症までの10年近くの間にその血統でどれだけのワンコが誕生しているかわかりません。ましてその行方なんて・・・だからこそキチンと知らべてこの遺伝子を持たないブリーディングをしていってもらいたいです。
DMの検査について
雷蔵母さま

はじめまして。
(株)AHB Bio Plusの本田と申します。

この度は当社の遺伝子病検査について取り上げていただき、誠にありがとうございます。
ただいま、当社とご契約いただいているブリーダー様と共に遺伝子病を持った犬猫を減らすべく、活動を進めているところでございます。
ブログで変性性脊髄症(DM)について取り上げていただき、DMについて広めていただいたこと、ありがたく存じます。しかし、当社でのDMの検査対象犬種はトイ・プードル、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのみとなっており、申し訳ございませんが、バーニーズの検査は行っておりません。

一頭でもDMを発症する犬が少なくなるよう、当社も微力ながら活動してまいります。
Re: タイトルなし
シオン様

次のバニ、もしかしたら海外からと考えてるので、やはりコワイのは病気!!
でも、調べると遅れてるのは日本なんだね。
アメリカの徹底管理にはビックリだよね。
遺伝疾患多いバニだから、交配に使われるで有ろうチャンピオン犬の検査はちゃんとしてる。
DMって確定診断できないけど、シオンちゃんちのコーギーちゃんはどうやって診断されたの?
ヘルニアは痛みを伴うし、明らかに老化の足の弱りとは違う麻痺だから判るのかな。
後ろ足がダラーーンとなってるワンコがいるなら、両親の遺伝子がキャリアなんだから、ブリーダーさんに伝えるべき!
またキャリア遺伝子持った犬がドンドン産み出されていくよ。

バニの場合8歳くらいから発症する可能性あるんだって。
長生きしたって喜んでたら、後ろ足麻痺から始まり、最後は本当に悲しい状態になる。
正しいブリーディングなら発症しないはずの病気なんだから、やはり知識持たないとね。
Re: タイトルなし
ティアママ様

そうみたいです、コーギーの乱繁殖により多いみたいですが、バニもいます。
人間の筋ジストロフィー?? 段々と麻痺が体に広がっていく病気です。
でも、この病気って気をつければ無くす事出来るのに、知識持たないとね。
なんか両親からの遺伝子が揃うと発症するらしく。
片方だけなら発症しないらしいよ。
確定診断は生きてる間はできないけど、ヘルニアとは明らかに違う気がする。
だらーんと麻痺だから。
発症すると治療はないけど、ブリーダーさんに伝えるのは大事かと。
その両親のブリーディングはやめて欲しいよね。
雷母がDMについて触れてくれるとは。ブログ読者が多いので、広まってくれると嬉しいです。なにせ我が家にいたコーギーさん、DMだったので…
無知な繁殖、まさにその通りです。コーギーに増えたのも流行りで売れ売れ!と増やされたから。病院の先生にも最近コーギーに増えた、と言われました。胴長短足に多いヘルニアと見分けがつきにくいし、初期で診断されるのは難しいです。また、発症年齢が10歳近いので、バニの平均寿命を考えると発症せず遺伝子のみが引き継がれてしまっていることは十分考えられます。無知だと高齢になったから足腰が弱ったで片付けられていることもあるのかもしれません。
バニでもDM発症した子を知ってるし、コーギーで親子でDM発症した子も知ってるので、怖いのです。
少しでも多くの人が知識をもってくれることを願います。
DMってやつですよね?
日本ではコギーにそのキャリアが多いらしいですよ
若い時は全く分からず健康体で
年取ってから発症
下から徐々に麻痺が始まり
動けなくても とても元気で食欲も有るのに最後にはその病気が心臓を止めるんですって
怖く悲しい病気です
治療法は有りません
なのでブリーディング段階で回避しないと ダメなんですよね
私が聞いた話では
キャリアの親からは絶対キャリアと聞きましたけど
片方なら良いの?
でも 両親クリアに越したことは無いよね


この記事のトラックバックURL:
http://raizo0806.blog.fc2.com/tb.php/1523-1404156f
<< NEW | TOP | OLD>>