タイトル画像

遺伝疾患  組織性球性肉腫   Histiocytic Sarcoma

2017.02.04(07:00) 1524

朝、どうやら歩道橋を渡りたいらしい。
P2030001.jpg
後ろ足の筋肉をつけるには階段や坂道を登るのがベスト。
しかし・・下りは前足に負担がかかるので慎重に。
登るだけで下りはエレベーターというのが一番なんだろうなぁ。

P2030010_20170203220553790.jpg
「杏ちゃん、おはようございます~」

P2030011.jpg
柚ちゃん、雷蔵があっち向いてる隙にニオイを・・・・と。

P2030013.jpg
P2030021.jpg
シャッツちゃんとズック君もやって来て、賑やかな朝散歩だった。


組織性球性肉腫・・・雷蔵の弟分、ドラちゃんの命を奪った憎っくき病気。

突然病気が判明して、あっという間に天国に行ってしまった。

団体戦の練習中のこと。 この前まで練習中の呼び寄せでハッチャけてたのに、死んじゃったなんて・・・嘘でしょ??

メンバーのショックは大きい・・・その後ゴンちゃんまで・・・


父が帰国のたびに持って帰るBMDCAの機関誌。
R0207503.jpg
「きゃ~~この子!!だれ! カワイイ

いつもの母なら写真だけ見て楽しんで終了~~

しかし、今回は見過ごせない文字が
R0207504.jpg
新しい組織球性肉腫の遺伝子検査

はっきり言って、このびっしり書かれてるのがスラスラ英語が読めるレベルでもなく、、、、あーー面倒くさい!と近くにいた父に丸投げしてみる。

父もビジネス誌ならまだしも、医学、犬の専門用語とか、わからない単語もあるであろうし、本当にざっくり訳してくれた。

そしたら、「こんなんが始まってます!」とエレママに写メしたら、なんと参照元のHPをエレパパが読んでくれた。

「遺伝子でわかったリスクが4倍少ないグループAと、リスクが普通のグループBと、4倍高いグループCに分けて、それぞれについ

て10歳で元気にしている率とか、組織球肉腫になった率を調査。

どの群でも発病する子もしない子もいるが、やはり遺伝は関係している傾向ははっきりしているので、C同士のブリードは避けましょうと言うことらしい。」 と、エレママ。

発症しやすい遺伝子は確かにあるけど、リスク低い遺伝子でも発症リスクは0%ではないということ。


ちょっと前に、Facebookで繋がったブリーダーさんがシェアしていたグラフ。

1歳以上のバニの死因のグラフ。
16406872_368255470221125_6946779191671737259_n.jpg
死因1位はやはり組織球性肉腫。

そのFacebookで白熱したやり取りがあり、DMが低すぎる!とか、これは死因だから別の原因でDMのバニが亡くなる可能性もあるからとか・・・こういうのにガンガン食いついてくるブリーダーさんは信頼出来る。

スウエーデンのブリーダーさん、うちの40頭いるバニは全員に検査させて、C同士のブリードはしない!!とコメントしてた。

素晴らしい・・・さすが北欧。

こうやってリスク排除して、研究も進んでくれると、ドラちゃんみたいに急にお空に行っちゃう子も減るんだろうなぁ。

2位リンパ腫はマーティが戦った病気。

その後にやって来たチャーリー、マーティとは血縁もある。

リンパ腫は母方からの遺伝と言われているそうで、獣医であるチャーリーのパパが、血統書を確認して「マーティの父方の血筋しか入ってないから大丈夫だな。」と言っていた。



昼散歩は池周りで。
P2030034.jpg
「井の頭でカップルでボート乗ると別れるって言われてます。」

遅い時間の夜散歩だけど、チャーリー&ジョニーに会った。
R0207524.jpg
「兄ちゃん、お供します
R0207528.jpg
歩きがてら、雷蔵家まで一緒に。

みんなで歩くと楽しいよ。 ずっと一緒に散歩できるように、元気でいようね。



雷蔵生活 with 琵琶 ~Bernese Mountain Dog RAIZO & Beagle VIWA's diary


<<団体練習   train for 12 Bernese Mountain Dogs display team | ホームへ | 遺伝疾患 変性性脊髄症  a genetic disease DM>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raizo0806.blog.fc2.com/tb.php/1524-6f0fc483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)