神奈川インターナショナルドッグショー Kanagawa international dog show

2017.02.06(07:00)

今日は母だけ横浜パシフィコへ

神奈川インターナショナルドッグショーの見学。

身軽すぎて、雷蔵出陳時の大変さとは天と地の差 

琵琶に会いにスネイクウッドのパドックへ
P2050195.jpg
「ママ、あたいお腹空いたよ、なんか持ってきた??」 琵琶さん、相変わらずつやつや黒々として元気そう。

もうすぐショー出陳予定のアーサー君6ヶ月。
雷蔵の姪っ子のお子ちゃまらしい。
P2050189.jpg


P2050198.jpg
今日はジークも出陳

リンクサイドで会った出陳バニちゃんたち。
P2050209.jpg
バーナビー君
P2050212.jpg
おうすけ君
P2050270.jpg
いっ君
スクリーンショット (29)
アポロ君はお姉ちゃんがハンドラー、「お前誰ーーーーー
P2050217.jpg
ディーン君
P2050225.jpg
「あたしのこと、触らないで-!!」 触診苦手なフウカちゃん
P2050227.jpg
バーナビー君、久しぶりのショー
P2050231.jpg
別名カワイ子ちゃんの、クララちゃん。

ビッグサイトより照明が薄暗く、ラウンドの写真はほぼピンぼけ

ポーランドから来たエニジェちゃん、ジャックのメスだけどおそろしく落ち着いてて大人しい
P2050241.jpg
「はしゃぐ時もあるよ。」
P2050251.jpg
バーナビー君の応援にすももちゃんも来てる。
P2050256.jpg
なんとチャーリーの同胎兄弟、ビリーブ君も出陳
似てる~

ビーグルは12時過ぎ・・・皆終わってる時間。
P2050261.jpg
「あたいの出番、もうすぐらしいよ。」

「待ってる間、お母さんが写真撮るの妨害しちゃいます。」
P2050264.jpg
ショーの写真撮らないとダメなのに、ウロウロガサガサ、お母さんの邪魔する琵琶。

尻尾、これぐらいにしておけばいいのに、歩き始めると背中をツンツンする尾っぽ

でも前よりちょっとずつ上がってきている感じも・・・・精神的大人にならないとダメなのか??

ゆっくり練習しながらあげていきましょう~

母はエルシャちゃんを持つ係。
P2050265.jpg
「なんかさー、この前も持ってたよね。」
バニに比べたら、出番待ちの犬持ち、楽勝~~オスでもメスでも引っ張られる事なく問題ない母。

途中、犬舎の子ではないけれど、会場にいて怪我したというビーグルが運び込まれる。
P2050266.jpg
痛いことすると噛むと聞いて、皆で保定して応急処置を。 血がかなり出てるし、唸りながら口から泡。

飼い主さんは心配そうに見てるけど、さすがプロ軍団、口を噛まないように固定され、お父さんがキズ確認。

「これは・・・病院で治療した方がいいよ、爪が無くなってる。」とお父さん。


いっ君、オスのBOB獲得、インターチャンプのキャッシブカード一枚目ゲット

雷蔵とデビュー時期が同じいっ君。 いっ君チビッコ、雷蔵4歳のおじさん。

挙動不審なチビっこと、やたらリンクでお座りするオジサンだった。

リンクではライバルで並んでたけど、なんとなく親戚の男の子が大きくなるのを見ていたような。
IMG_4307.jpg
おめでとう いっ君
ママが一人で連れてきて、トリミング、ハンドリング、本当に凄い。

会場で会ったバニ友さん達に色々頂き。このほかは会場で胃袋に・・・。
皆さん、ありがとうございます!
P2050280.jpg
色んな話をバニブリーダーさんやオーナーさんと出来て、楽しいショー会場。
横の繋がりって大事

今日もジュウエルママにお願いして、お散歩に行った雷蔵。
IMG_4312.jpgIMG_4313.jpgIMG_4314.jpg

P2050279.jpg
「トイレは終わったからさっさと帰りましょう・・・お腹空きました。」

雷蔵散歩を昼間お願いしてたので、母はゆっくりのんびり会場で見ることが出来た。
皆さん、お疲れ様でした。
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://raizo0806.blog.fc2.com/tb.php/1526-34d70264