愛情の違い  Love for dogs

2017.02.23 07:00|日々のこと(Ordinary days)
散歩に出ようとするけど、ご飯食べたいのでリード引っ張って戻ろうとする。
P2220004_20170223000930a28.jpg
P2220003_20170223000928d8e.jpg
「玄関出たばっかなんですけど・・・」

これ、オヤツの馬肉キューブ。
R0207893.jpg
R0207896.jpg
「じぃぃぃーーーーっ 見てたらくれるかも・・・・。」


整体の先生が岡山のセンターと団体さんと取り組んでいる保護活動。

保護犬に寄付を!と、思っても、お金の使い道など、大きな組織にしてもクリアにならないことが多い。

なので、フォスターペアレンツみたいに、一頭を数人で養育するシステムを導入したいと、先生が自腹で立ち上げているプロジェクト。
スタートしたら、是非協力したいと思っている。

そして噛んだり人に懐きにくく譲渡対象から外れたワンコをプロに預けて強制してもらう。
15541220_1637262783245157_8546756571527302896_n.jpg
センターではガウガウだった柴の愛ちゃん。

15823650_1645259632445472_1113818398733230719_n.jpg
信頼できる訓練士さんに預けて、今度警察犬の訓練競技会に出るらしい。
愛ちゃん、めざせ警察犬
表情が全然違う。

o1536204813833832019.jpg
柴のトキ君。 普段はとてもいい子なのに、センターで、業者さんにガウっとやってしまい、譲渡対象外に。
最初は西原先生が預かる予定だったけど、フィラリアの治療をしてから去勢手術をした方がいいということで、岡山の訓練士さんが預かることになった。

14938194_1621988594772576_7901987796434077372_n_20170223002920bd8.jpg
そして整体の先生が引き取ったブラッキー。
トレーナーさんの所に預けてたけど、精神不安定になり先生の家にやって来た。

請求も10日で18万・・・・え? ヒルトンホテルご宿泊???

保護活動、整体治療、本業のお仕事と毎日忙しく活動している先生。 全て自費でまかなっている。

「18万出すなら、もう一頭救えたのに・・・・。」と悔しがる。


そんな中、ティアラちゃんのブログに、信じられない記事が

ビックリのツイッター これって犬に携わってる人の言葉じゃない 

ブラッキーも値段だけ高いトレーナーさんに預けて、人がダメになり、グルグル回り精神的におかしくなってしまった。

犬に対して愛情ないのに、トレーナーなんて出来るはずもなく。

単なるお金儲けの道具なんだろうなぁ。

是非とも犬関係の仕事は辞めてもらいたい。 

コメント

非公開コメント

メリークリスマス!
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

雷蔵母

Author:雷蔵母
東京都在住 Tokyo,Japan

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR