タイトル画像

病院選び

2017.03.07(07:00) 1555

P3060038.jpg
「今朝もやって来たよ。」

しかし琵琶、隣のゾーンにコーギーちゃんがいて、そっちが気になって遊ばない。
P3060032.jpg
「お友達発見

P3060042.jpg
「もうさっさと帰ってご飯だよ。」

ご飯を食べて、全然疲れてない琵琶を連れて、もういっちょ公園へ
P3060043.jpg
「杏姉さん、おはようございます。」

P3060045.jpg
「琵琶ちゃん、私見て、背中の毛が立ちました。」イングリッシュゴールデンの柚ちゃん。
最近、見慣れない大きいワンコを見ると緊張するらしい。 もっと大きい雷蔵を見てるのに

一ヶ月違いのマブダチ・ハチ君に会って、暴れる
P3060050.jpg
P3060052.jpg
P3060063.jpg
P3060066_20170306115445db5.jpg
「ジオ君、久しぶり~」
やっぱりワンコと遊ぶと疲れ具合が違う。


病院選びは最重要課題。

雷蔵、整体の先生に診てもらうようになって、これと言って問題もなく、獣医さんにかかることもなくなった。

思い返せば、2歳くらいまでビッコ生活。 

色んな病院行って、有名な先生に診てもらって首じゃないかと言われ、大学病院でMRI,CT,脊髄造影撮っても原因わからず。

東洋医学のホリスティック系先生にもかかり、ハイドロセラピーもやったけど、これといって変化なく。

整体の先生の見立ては、「6ヶ月の時に前足小指を捻挫して、開かなくなり、踏ん張れず、体重がドンドン増えるのに対応できず、肩に負担がかかってビッコになった。」

獣医さんでは、開かなくなった小指は手術でしかなく、もうその状態に慣すしかないと。

せっせと整体に通い、小指もパーに出来るようになり、歩様も良くなり、、

ビッコの頃、ショーにまで出れるようになるとは夢にも思わず

「雷蔵、一年ぐらいビッコだったから、本当はもっと足太くなってたし、大きくなってた。」と先生に言われ、ショック

成長期、悪い箇所があると、そこに合わせて体も成長するらしい。

あーーー、もっと早く治してあげれば、、、本当に後悔。
R0208095.jpg
「一年間ビッコはキツかったです。」

その教訓から学んだこと、しばらく通って効果が感じられないときは、別の治療を探す。(時間の無駄)

昔は膿皮症もあったけど、今はすっかり綺麗な皮膚! 

同じく整体の先生から、食事指導を受けてから血液検査の結果も問題ない。

安易にステロイド、抗生物質を出す病院はNG

膿皮症が出来たら、まず内側からのケアを提案する先生でないと、上から強い薬で抑える治療をするのでは、完治は無理。

雷姉もアトピーで色々治療したけれど、薬で抑えようとしても、段々効かなくなるし。

セカンドオピニオンを嫌がる獣医は、腕がいいとは言えない。(結局自分の見立てに自信がない)

などなど・・・・今度は絶対に後悔しない子育て、琵琶には同じ事をしないようにしなくては。

夜散歩で、ゴールデンのミルちゃんと遊びまくり、ぐったりの琵琶ごん。
R0208108.jpg
「今日も沢山遊んだ・・・ ムニャムニャ・・・。」

沢山遊んだら、やっぱりケア! 毎日沢山遊べるように、母は頑張るよ。

「あたいは沢山食べて沢山遊ぶのが仕事・・・。」 台所からキャベツの葉を強奪してバリバリ食べる。
R0208101.jpg
「しかし・・・よく生のキャベツとか食べるわ・・・」と呆れて見る雷蔵。









雷蔵生活 with 琵琶 ~Bernese Mountain Dog RAIZO & Beagle VIWA's diary


健康 (To keep in health) トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]