タイトル画像

遺伝子検査の結果くる。  Gensol results

2017.03.17(07:00) 1567

R0208283.jpg
また今日も・・・常にやる気が感じられない雷蔵。

P3160007.jpg
朝散歩は井の頭公園入ってすぐ、トイレ終われば終了・・・・。

昨日ちょうど遺伝子検査を送ったEMSの追跡をチェック。 14日に到着していた。

着いたなら、一週間ぐらいかな~と思っていたら、今朝結果がメールで届いていた

早っ アメリカとは思えない素早さ!

どれどれチェック・・・・

スクリーンショット (33)

これは興味があればやってみても・・・と言われたウォンブラント病。
とりあえずクリア。

これはDMの二つある検査のSOD1B

スクリーンショット (32)

こちらもクリア。

次はDMのもうひとつの検査

スクリーンショット (31)

予想通りキャリア。 数年前? 日本のバーニーズを調べたら殆どがキャリア(B)で少数のクリア(A)とアフェクティッド(C)だったらしい。

このままだとどんどんアフェクティッド(C)が増えるのでないかと専門家の先生が予想していたと。

早速色々教えて頂いた方に報告を。

発症確率で言えば、AクリアはBキャリアよりも発症確率は低いけれど、AでもBでもほぼ発症しないと考えていいのではと。

しかし、Aクリアでも発症はゼロではないらしい。 その辺りはまだ研究段階。

もし、雷蔵が交配をするのであれば、相手は雷蔵キャリアの項目がクリアであることがアメリカなどのケンネルクラブのルール。

そして発症する確率は低いと言ってもゼロではない。 (クリアじゃなくてキャリアだし)

アフェクティッド(C)だとしても絶対に発症するわけでもないけど自分のバニが何かを知っておくのは大事かも。

DMは致命的な疾患なので、東欧などのブリーダーさんはとても重視しているらしい。

とりあえずこれから歳を取って足腰弱ってきた時の判断材料にもなる。

思ったより簡単で早い! やって良かったと思う。

日本では岐阜大で研究されているのは有名、週何日か大学病院に勤務しているチャーリーのお兄ちゃん先生も言ってたし。

「コーギーだけじゃなく、バニもDM聞きますよ。 まぁ、消去法しかないですけど、だいたいわかりますよ。」と。

やっぱり・・・・そうなんだ。


今日は日中暑かったので、夕散歩に小金井公園へ
P3160008.jpg
「もう夕暮れだよ。」

P3160015_20170316194542cd1.jpg
「アスファルトより、土の上を歩く方がいいそうです。」

P3160019_20170316194702bb2.jpg
「これは・・・昔の家みたいです。」

P3160023.jpg
「この公園もとっても広くて一周5キロです。」

P3160029.jpg
「帰ってご飯たべましょう

一周までいかず、3.5キロの散歩終了。

時間遅めでお腹空いたのか、やる気無くなった雷蔵、そそくさと撤収。 


雷蔵生活 with 琵琶 ~Bernese Mountain Dog RAIZO & Beagle VIWA's diary


健康 (To keep in health) トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]