タイトル画像

漿液無くなる

2017.04.29(07:07) 1609

朝5時前から元気な事で・・・・・起きるの早いよ~
P4280027.jpg
「早く行くよ。」

P4280028.jpg
「走るの止めて下さい

P4280031.jpg
いつもは怒るけど、ニオイ嗅ぎしてるときはジッとしてるから安心。

今日も病院でチェック
P4280032.jpg
「ブーブでお出かけというのは、ここのことですか??」

P4280033.jpg
毛が絡まって、とにかくバンテージを取るのが大変

この後、エコーで漿液が溜まってないかチェックを。

「大丈夫! 順調です。 来週は抜糸ですね~。」とお兄ちゃん先生。

きゃ~! やっと抜糸! ありがとうございます

包帯巻き巻きの間に、色々ワンコの事を質問したら教えてくれる。

「和犬はボケる子が多いので、ある程度年齢がいくと麻酔かけるとボケちゃうから、そのまま治療せずというのもあります。」

そういえば・・・近所でボケて早朝から吠えてるのも柴、、和犬以外、あんまりボケた話聞いたことないかも。

「和犬以外、そんなにボケる子っていないんですよね。」

大きいから包帯がドンドン無くなるし
P4280035.jpg
看護婦さんに「○○注文しといて。」と・・・・確か以前も言ってたな~。
なのに、格安の治療費。 ほんとにビックリ

P4280037.jpg
今後の治療についてのお話をしてると、「終わった~」と余裕で伏せ。

「整体の先生とも相談してください。 お任せしますので。」

そう言って貰えると、本当に助かります。

「セカンドオピニオン、ドンドン他の病院に行って聞いて下さい。 僕はいいと思いますから。」

やっぱりセカンドオピニオンを嫌がる病院はよろしくない。

「西洋医学には限界ありますから。 東洋医学もいいと思います。」と柔軟なお兄ちゃん先生。

有り難い病院だわ~

雷蔵生活 with 琵琶 ~Bernese Mountain Dog RAIZO & Beagle VIWA's diary


健康 (To keep in health) トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]