タイトル画像

ついに抜糸  suture removal

2017.05.07(07:00) 1617

昨日の夕方、パパが一緒のハルナツ姉妹に会う。
P5050136.jpg
みんなで密着

P5050130_201705061531249da.jpg
この後、タイヒバンでママと合流して飲み会になった。

朝散歩はちょっと涼しい。
P5060143.jpg
「サラシ巻いてると暑いよ。」

そして今日は念願の抜糸
P5060147.jpg
「また何されるんだろうか・・・・・

お兄ちゃん先生と看護婦さんで診察台に乗っけて
P5060149.jpg
「今日は高い所に乗せられました・・・・。」

そして、せーの!!で二人で横向きにひっくり返す

押さえられ、雷蔵起き上がれず。 コツあるんだろうか・・・。

お腹には毛が生えてきてて、毛が束になっててホームレスチックなところもある
P5060151.jpg
「漿液も溜まってないようですね。」

とめてあるホッチキスの針みたいなのを一個ずつ外していく。

「絶対痛いよね・・・・こんなのが刺さってて・・・よくうつ伏せ出来たよね~」と、看護婦さんと苦笑い。
P5060154.jpg
所々糸で固定してるので、それも外す。

「傷もキレイですね、あと一週間ぐらいは安静気味に過ごして下さい。 傷の部分は一応60%位の強度なので・・。」

シャンプーも一週間後、ここで傷が開くのは避けたいので、おとなしくしておこう。

終わった途端、外をガン見する雷蔵。
P5060155.jpg
「瘡蓋も剥がさないで下さいね。 傷が開く原因になるので。」

コワイので洋服着ておきます。

久しぶりにサラシを取ってスッキリしたハズ
P5060156.jpg

暑くなる前に抜糸が出来て良かった。
P5060157.jpg
「もう勘弁だから、大人しくしてるよ。」

今後、再発防止のため一日おきに飲む肥満細胞腫に効く抗がん剤を服用する予定。

悪い細胞にだけ効くらしい。

新薬なので、まだ未知な部分あり用量も少なめに。

家で飲むだけ、ストレスないのが一番

雷蔵生活 with 琵琶 ~Bernese Mountain Dog RAIZO & Beagle VIWA's diary


健康 (To keep in health) トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]