タイトル画像

薬も色々

2017.06.23(07:00) 1664

朝、誕生日が3日違いの楓ちゃんに会う。
P6220043.jpg
でも3歳?位から、柴犬は自立しちゃうのか、全く遊ばなくなってしまった。

久しぶりに会ったメイちゃん、13歳
まったくそう見えないし
P6220050.jpg
雷蔵、メイちゃんの半分の歳、頑張らないと

暑いからすぐ帰ると思ったのに、グランドへ
P6220061.jpg
「ハルナツちゃんも居ます!!!」

要は、オヤツを貰えると思ってる・・・。
P6220064.jpg
「とりあえず、お座り

ゴールデンチームは食欲旺盛。
P6220070.jpg
「レトリバーが食欲無くなったらやばい~。 常に食い意地張ってるし・・・。」と、ハルナツママ。

「まだあっちのママからオヤツもらってないし。」ガン見する。
P6220073.jpg
昔、オヤツもらってもペッと吐きだしてたのに・・。 あまりに食欲ありすぎて驚くレベル
でもレトリバー的にいうと、まだまだ普通らしい。

暑いのに、「こっち行きたい」とか主張するし。
P6220076.jpg

とりあえず、食欲あることが一番大事 と、言われてる。

少々のゲーリーだろうが、食欲さえあれば・・・なんとか!


家に帰ったら、フィラリア&ダニの薬飲むよ!
IMG_5172.jpg
お兄ちゃん先生によると、やはり有名どころの薬は効果確実。

「マイナーな会社の薬飲んでる子、結構ノミがついてたりするんですよね~・・・やはりメジャーな会社の製品の方が確実です!」

なるほど・・・。 体に負担かかる薬、ちゃんと効果あって安全性ある方がいい。

以前、ナイルちゃん&小麦ママも「毒をもる」イメージあって、フロントラインも全くしていなかったらしい。

でも、バベシアにかかり考えが一変

駆虫薬の毒よりも、感染症の方がコワイ  本当に同感・・・・・ちゃんと予防しなくちゃ。


スネイクウッドのブログによると、琵琶はヒートエリアで出産間近のうめ子さんと一緒だったりパピーと遊んだりと、反応するオスとは隔離されてる。

本当に有り難い・・・家にいたらどうなっていただろう。

雷蔵と琵琶、おそらく間違いは起きないけど、雷蔵にとってはエライ迷惑。

ショー会場で聞いたけど、メスが大きい場合、まさかのご懐妊もあるそうで、ボルゾイとダックスの組み合わせで子供が生まれた事があるらしい。

どんな子が???? びっくり

雷蔵生活 with 琵琶 ~Bernese Mountain Dog RAIZO & Beagle VIWA's diary


日々のこと(Ordinary days) トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]