タイトル画像

整体&病院へ

2017.07.12(07:00) 1683

朝、ちょい暑いけどグランドへ
P7110078.jpg

何したいのかと思ったら、草食べてる
P7110074.jpg
子牛・・・・見た目。

グランドはこんな状態。
P7110080.jpg
セントラルパーク見習って欲しいよ。

今日は整体の日。 ゲーリーも止まったみたいで、とても元気
P7110081.jpg
「水素の点滴、活性酸素除去するから、弱らないですよ。」

確かに・・・お腹は緩いけど、他は全く・・・いつもの夏より元気なくらい。

P7110084.jpg
勝手にキッチン入って、オヤツ強奪。

P7110090.jpg
「まぁ、そんなに悪くないけど・・。」 違和感ある箇所はいくつかあるらしい。

P7110091.jpg
所々反応してムクっと起きたり、ゴロゴロして隠したり。

P7110092.jpg
「なんかや~なこと・・・・するんだよね、今日は。」 挙げ句の果てに逃げる。

「膵臓にも炎症あるなぁ・・・。」

治療していくと、そのうち逃げなくなった。
P7110093.jpg
「もう平気だよ。」

治療終わりはこんな感じ。
P7110095.jpg
「オヤツは??」 さっき食べましたよね~?????

夕方、涼しくなってから病院へ
P7110101.jpg
「いつもの水素静脈点滴、混んでるときは待合室でするよ。」

P7110105.jpg
「まだですか??」

先週、膵炎確定が出たので、今後の治療方針を決める。

まず、エコーをみてもらい、内臓チェック! 膵臓はボワっとしてるけど、あとは問題なかった。

「肝臓の数値を下げたいので、まずハーブ服用して抗がんはストップして様子見にしたいんですけど・・・。 雷蔵、ずっと飲んでて、膿皮症も治ったし、肝臓の数値が高めなのも正常値になってたので。」

「ハーブって・・・西洋の漢方薬みたいなのですか?? へぇ~~ 了解です!! そうしましょう! 雷蔵、顔つきもいいし、いいと思います。 状態悪くないし。」

膵炎は数値が下がることはあっても、炎症が静まるだけで完治はほぼ無いものらしい。

「数値が正常になっても、膵炎が活動してないだけです。 再発はしやすいので、食べ物はずっと気をつける必要あります。
まぁその状態をキープでいいんですけどね。」

エレママが言ってた、人間の膵炎はケロっと治ったりするというのを聞いてみたら

「人間の医師に聞いたことありますが、膵炎は完治はほぼ無しって言ってましたよ。 すぐに数値が下がることはあるけど。」

「膵炎っていろいろで・・・数値悪くないのに、解剖したらボロボロの膵臓だったとかもあるんです。 数値に出ない子もいるし。」

とりあえず、手作り食にするとお腹の調子もいいし、ハーブ開始で様子見。

病院を出たら、行きたい場所があるらしくリードを咥える。
P7110111.jpg
「ちょっと散歩したいです。」

病院の駐車場に車置いてるので、さっさと戻らなくちゃ
P7110112.jpg
「しゃーないな・・・・。」



雷蔵生活 with 琵琶 ~Bernese Mountain Dog RAIZO & Beagle VIWA's diary


健康 (To keep in health) トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]