タイトル画像

お散歩シッター

2018.03.05(07:00) 1918

毎日、このつぶらな瞳攻撃にあう。

こんなの・・・・母ならまだしも、父はイチコロ
P2050007.jpg
オヤツを買ってきたら、大変な事になるので禁止


雷蔵の週一お散歩シッターをジュウエルちゃんママに順調にお願いしている。

ちょっと前、雷蔵の病気の事もあり、勝手気ままなお散歩をお願いしていたら、家から出て向かいの塀でトイレ

ハイ! 終了~と戻って、ご飯になった事数回。

イイ匂いのシーズンは、ジュウエルちゃんママにマウントまでしてしまった不届き者

相手の出方を見る雷蔵、調子に乗るときはトコトン乗る。

と、言うことで、普段通り厳しくチェーンを持って行ってもらうようにしたら、手のひら返し

リードでショックを与えたら、素直に歩くようになったらしく問題行動ナシ

今や、ジュウエルちゃんママが来ると喜びの突進を見せ、ニコニコ笑顔で公園散歩に行ってるらしい。

そして、ご飯を食べて最後はママの顔をペロペロまで

すっかり家族レベルで懐いてる模様・・・姉よりよっぽど信頼してる様子。

F1001397.jpgF1001438.jpgF1001439.jpg

ご飯食べて水飲んだら、ウトウトしてるらしい。 (全てジュウエルちゃんママの写真)

これで母にもしもの事があっても、お散歩お願いできる人がいる安心感

4歳からショーに出るようになって、ハンドラーさんがリードを持つのにも違和感なくなり、サークル待機もOK

7歳過ぎて母不在にして父母以外の人と散歩&ご飯の練習始める。

もっと早く子離れ親離れしておけば・・・と反省
DSC00276.jpg

R0210105.jpg
「何事も慣れですから。」

R0210127.jpg
「もう僕は以前の絞り出し袋ご飯のチュルチュル君ではありません。 ご飯もお皿から食べるし、ジュウエルちゃんママのお散歩もOKなんです。」

やっぱりお預かりより自分の家で過ごして、お散歩ご飯をお願いするのがベストらしい。

雷蔵生活 with 琵琶 ~Bernese Mountain Dog RAIZO & Beagle VIWA's diary


日々のこと(Ordinary days) トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]