2010年8月6日生まれ バーニーズマウンテンドッグ雷蔵と2016年7月1日生まれ ビーグル琵琶の毎日~



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

雷蔵母

Author:雷蔵母
東京都在住 Tokyo,Japan

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


尻尾

   
雨上がりの公園、張り切って出動
P1220039.jpg
グランドに入るも、そのまま駆け抜ける・・・・なぜだ??


雷蔵、尻尾があまり下がらない。

マーティみたいにオマタに挟んだのは見たことないなぁ・・・。

ビビリーだと思ったけど、ウンを柵とか高いところに乗せようとしたり、意外にも男気のあるタイプらしい。
ちなみに、同胎かぷる兄さんもそうらしい・・・・兄弟そろって男にこだわる体質。

ニオイを嗅ぎ始めは大体こんな感じの尻尾。
P1220042.jpg

P1220045.jpg
周りをフガフガ嗅ぎまくってる間に、段々上がってくる。
これは「俺の方がイケてる。」とでも思ったんだろうか・・・・・。

訓練中、目や耳の動きと共に尻尾を見ても犬の状態がわかると教えてもらった。

耳は後ろから見てもムクっと前向きになるので、母もわかる。

でも・・・・難しいのが尻尾。

尻尾を振れば敵意無しというのは間違い

先生曰く「根元は緊張してかたまって振っているのはやる気だよ。」

一番危ないのがガラガラ蛇のような小刻みに振る尻尾・・・・それはわかる。

雷蔵のような大型犬は根元が緊張していてもゆっくり振ったりする。

訓練中、男子に遭遇した時「あぁ、大丈夫、尻尾の振り方が敵意無し。」と言う時と、「ペシっ」と先生に注意されるときの違いがまだ分からない母・・・・・・

わかるようになるには修業が足りない・・・・わかるようになるのかな。

これが雷蔵の尻尾が一番下がった状態。 しかし尻尾の根元はいつも立ち上がった状態。
P1210186.jpg
下にダラ~ンとしたのは今まで見たことない。
これって、なんだろう・・・・。
そんなに力んでたら尻尾が凝りそう。 だから尻尾がカタイのかな。

P1220050.jpg
「うっ 酒臭い・・・」

P1220051.jpgP1220052.jpg
「まだ帰らない」立ち止まって、「なに?」と母が言うと決まってアクビ・・・。

公園横のスタバはまだ開いてない・・・・
P1220053.jpg
「ここにみんなのニオイがする・・・。」ワンコのたまり場のスタバテラス。
臭うでしょうに・・・。


4時前になると母にプレッシャーをかけに来た

P1220056.jpgP1220058.jpg
じ~~~っと母を見て、目をシバシバさせて悲しげな顔をする。
大体、この表情に父はやられてホイホイ散歩に出てしまう。

しかし、残念ながら母には通用しない。 いつも通りの時間にGO
P1220066.jpg
コロリン君に会った。
遊んでほしそうなのに、ニオイ嗅ぎに夢中の雷蔵。
ブラブラリアル男子が並んで歩いてる・・・・感慨深い。

P1220070.jpg
ルーチーママの特上オヤツを狙う

P1220072.jpg
グルグル回って走ってるショコラちゃん。
雷蔵もああやって走ってくれればなぁ・・・無理か。

ルーチーママ同様、これまた手作り特上オヤツをいつもくれるアロン君パパ。
P1220076.jpg
「オヤツ、今日はありますか???」

「ガウって言ってーーーー」今日はグランドにワンコ少な目。
遊ぶ相手がいないアロン君。

2回ほどガウガウっと不意打ちをして終了。
しかし・・・特上オヤツに対して貪欲な雷蔵

色んな角度からアロン君パパに迫る。そのノリでご飯も食べてほしいもの・・

| comments(6) | trackbacks(0) | page top |
Re: タイトルなし
華ママ様

難しいですよね・・・。
雷蔵、時々なります!!ガラガラ蛇みたいに小刻みに振るんですよ。
華ちゃん、穏やかだからそんな風にはならないでしょうね。

いるいる!!ギャンギャン凶悪な吠え方する小型犬。
なのに、ヘラヘラよってくる飼い主。
間違った知識、訂正して欲しいですよね。
Re: タイトルなし
ルーママ様

そうなんですか?
上にピーンというのは無いんですか?? 
雷蔵、天敵君に会った時、ピーンと上にあがった尻尾は固まり、非常にわかりやすい状態になります。
診察台、嫌いですよね。
飛び乗るけど、決して好きじゃない。

ホリスティックでは尻尾がカタイと言われます。
やはり、力んでるのが原因かも。
Re: タイトルなし
エレーナ母様

なんだかね・・・・奥が深いですよ、尻尾は。
この前アンリちゃんパパが、「やっぱ、訓練入れないと無理っすね・・・。」としみじみ言ってました。
やはり、先生、プロなんですね・・・当たり前か。
洋服着るので逃げる時もオマタには入りません。
確か斜め下というか、変わらない気がします。

エレちゃん、尻尾以外も大人になってるわよね~。
きっとレディの階段登ってるんですから!

整体の先生に「食欲、出るようにしてあげようか? 本能を呼び起こすように出来るよ。ただ・・・今までと同じ状態にしてると、オヤツとか食べ物を食べられちゃうよ。」と言われ、「え??結構です・・・。」と断りました。
ゆる~い我が家。 野生児になった雷蔵にとって、パラダイスな気がします。
しっぽの様子、
未だ見極められません~。
ガラガラヘビの時が分からない…(;´・ω・)
よく散歩中に小さい子がワンワンしっぽ降りながら吠えてきて、「しっぽ振っているから大丈夫なのよ♪」と言われるのだけど…
番犬のように吠え続けて。。
あれってどうなんだろ
しっぽ振っていれば大丈夫説…根強い


うちのキースの場合一番上がった状態で大体水平。
緩やかにカーブして先の方がもう少し上になります。雷蔵君の一番下がった状態が普段の落ち着いている時の位置。
これが病院の診察台に上がったとたんに無くなります。そしてヨダレが滝のよう!
付け根はあんなに立ち上がっていたら凝りそうですよね〜。
飼ったことのある男子ワンはシッポの無い犬でしたから、臨戦体勢のシッポ全然わかりません。
でも嬉しいときはお尻全体が動いていたかな〜。

雷蔵母さまがシッポ読みの達人になるのが先か、雷蔵くんが完全に無視できるようになっちゃうのが先か…。
確かに、かかとを床から3cm離してキープする腹筋運動のように、シッポ全体の重さが根元に掛かって辛そうです。
あれ?ツナギ着たくなくて逃げ惑っているとき、ご飯のときは…、立ってないからシッポダランとならないですね。笑

シッポをプロペラのように振って(回して)いたお嬢さん、そういえば最近シッポの振り方前に比べて大人になりました。2歳すぎると大人しくなるって、ソコかっ!

雷蔵くん、おやつ配給もどうでもよかった頃に比べたら、前向きですよね!
食欲のツボをちょっとだけ押してもらってこないと…。



この記事のトラックバックURL:
http://raizo0806.blog.fc2.com/tb.php/542-8110e43c
<< NEW | TOP | OLD>>