2010年8月6日生まれ バーニーズマウンテンドッグ雷蔵と2016年7月1日生まれ ビーグル琵琶の毎日~



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

雷蔵母

Author:雷蔵母
東京都在住 Tokyo,Japan

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


うささ白内障

   
クンクンニオイ嗅ぎが多いので蚊が顔周りにまとわりつく。
インド人風で出動~
P1250424.jpg

P1250426.jpg
「正面からカメラ向けられると、やりにくいんですけど・・・・。」 今日は平地でウンポーズ

P1250433.jpg
腕のジョリジョリを気にする。 

P1250432.jpg
朝はアスファルト熱くないよ。


なんだかウササの目が白濁している

殆ど病気をしたことがないウササ。

誕生日も知らないし、何歳なのか・・・・・・わからない。

去年父が単身赴任するまでは、全くノータッチの母。 その約束で父がデパートで買ってきた。

「僕が3年生の時に来たから、ウササ9歳ぐらいじゃね??」と兄。

「ねぇ、ウサギ欲しいから買っていい??」と父と一緒に買い物に行った兄から電話あり。

「え?ウサギ?? ママはお世話しないよ。するならいいけど。」と言ったら。

「パパ~いいって!! 今度はなんて言えばいいの??」と電話口をふさぐことなく叫ぶ兄。 

後ろで操っているのは父、欲しいのも父、バレバレ

なので、はっきり覚えているらしい・・・・・。



病院に取りあえず行ってみよう 大型犬以外で動物病院に行くのは初めての母。

ビックリするくらい楽 小さいって便利だな~

DSCN4851.jpg
父のバッグを引っ張り出し、取りあえず入れて病院へ。

友達ワンコ情報によると、ウサギで有名な病院があるので、そこへ行ってみる。
DSCN4852.jpg
「初めての診察台」
DSCN4853.jpg
「な・・・なんだ??」 初の聴診器。

ウサギの初診にはカウンセリングがある。 「ウサギレクチャー」みたい。

●ウサギの肉球は柔らかいので、硬い床だと体重で圧迫され、肉球が皮膚病みたいになるらしい。
●ウサギフードはあげすぎ禁止。 基本、牧草チモシーと野菜。
●撫でてあげて死んだ毛を取ってあげる事。 自分で舐めてグルーミングしていると、毛を食べてしまい腸が詰って死んでしまうことがあるらしい。
●寂しがり屋で死んじゃうのも嘘。
●呼んでも来ないのは来たらオヤツをあげたり、訓練してないから。
●ウササに食べ物をあげたり、手を出したりするとアゴを乗せてスリスリすることがある。
てっきり、確認動作かと思ったら、マーキングだった
母の手にマーキングとは 大物だな。
●頭を撫でてあげるのがよい。 ウサギの上下関係では下のウサギが上のウサギの頭を舐めるそうな。
って、ことは、母が撫でると関係は下ってこと??? それでいいのか・・・・。

診察の結果、超健康優良児のウササ。
歯もウサギフードを食べてるのに、綺麗だし、耳も9年間掃除なしなのにちょっとしか汚れてない。
食欲不振は今までないし、下痢も今まで数えるほど。
平均寿命7歳ぐらいと言われてるウサギ界で、9歳?10歳?でこれは凄いと言われる。
白内障も点眼で様子見。

病院から帰って、言われたようにタオルを敷く。
P1250420.jpg

予想通りグチャグチャにしてよけて座っている。 9年間鍛えたので、肉球も強いのか。
P1250435.jpg
「邪魔じゃこんなんいわんわ・・・」 頑固爺さん・・・きっとそうだ。

そして大好きなパセリを残した・・・・・

病院に行くのがストレスになって、寿命を縮めそうな嫌な予感・・・・・点眼薬嫌がるだろうな。

治らない白内障、通院するの止めても変わらないのかな。


鼻息荒く家を飛び出す雷蔵。

グランドには沢山ワンコが集まってる。
P1250438.jpgP1250456.jpg
コナツちゃんとナナちゃんは仲良し。 ズック君と団十郎君もハゲシク遊ぶ

P1250447.jpgP1250450.jpg
ダルメシアンまみれの雷蔵。 
ずっと元気よく動いてる。 隙あらばレディちゃんを追いかける
避妊手術をしたのに、ヒート時期になるといい匂いになって体もヒートみたいになるレディちゃん。
男性ホルモン注射を打っているらしい。
今日はニオイが薄れたのか、リアル男子軍団の反応も薄い。

P1250454.jpgP1250457.jpg
P1250464.jpg
「ちょい休憩~」
横になってる雷蔵の上をシュンシュン駆け抜ける若者カモシカ系ワンコ軍団
体力の差だなぁ~
P1250460.jpg
大型犬ばかり何頭いるんだろう・・・・。 みんな1歳


「雷ちゃん、去年と全然違うよね~本当に元気」とハルナツママやナイルちゃんママに言われた。

母もそう思う。 全然違う

雷蔵=動かないと思っていたワンコ、冬になって俊敏に動く雷蔵を見て驚く子も少なくない。

動くのは冬限定だったんだけど・・・クールコートを着てこんな動きは初かも

でも・・・・・・エロエロで元気なだけ・・・な気もしないでもない

「元気になるけど、そちら系も強化させると思うよ~」 整体の先生の言う通りになった
| comments(4) | trackbacks(0) | page top |
Re: タイトルなし
がっくんママ様

そうなんですよ~良くなるなら無理するけど、変わらないなら押さえこんで点眼する意味あるのかなと。
いつものように放置プレイで、時々接触・・・・それが一番なんでしょうね。

ゲージから出ることもないし、時々新聞紙や牧草ハウスを破壊して遊ぶ。
このまま、変わらず生活しようかと思ってます。

本当に元気なんですが、エロが見え隠れします。
普通の男子って大変・・・・・・他の部分に分散してほしい・・・。
Re: タイトルなし
アイガー母様

アイガー君のブログで、ウサギも保険に入ってるってビックリしました!!
特に病気しなかったので、考えてもなかった!!ごめんよ~って感じです。

その病院、気が付くと周り中ウサギだった・・・・とか、話を聞くので行ってみました。
先生もウサギを飼われているみたいです。
全国から患者ウサギさんが来てるそうです。

ムリして点眼・・・・ちょっと悩んでます。
拒否っぷりがハンパなく・・・。

うささ兄さんの白内障。
点眼薬でも、良くはならないかも…
抱っこや触られるのがニガテなうささ兄さんなら、住み慣れた家でいつもと一緒の生活が一番かも知れませんね。
ウチの先日逝ったゲルばぁ(16歳11ヶ月)も、白内障で盲目になって3年だったけど庭や室内ならば至って普通。
散歩でもリードでチョイチョイっと合図すれば段差や角もスタスタ(笑)←知らない人は目が見えないってワカラナイ程。
普段通りが一番だもんね。

ダルメシアンズにかぶりつかれる雷蔵さん(笑)
本当に元気だわ~♪こんなに元気になるなら雷蔵さんの健康オタクになる母様もやりがいがありますよね~♪
うささ兄、白内障とは心配ですね。今まで病気ひとつしてなかった健康優良児で、9歳とは素晴らしいです。そして病院も初めてだったとは(゜ロ゜;ノ)ノ

うさぎを正しく診察できる病院って少ないんですよね。いい病院がお近くにあって良かったです。

うささ兄、ミクも応援してるよ~!


この記事のトラックバックURL:
http://raizo0806.blog.fc2.com/tb.php/616-657fba5d
<< NEW | TOP | OLD>>