2010年8月6日生まれ バーニーズマウンテンドッグ雷蔵と2016年7月1日生まれ ビーグル琵琶の毎日~



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

雷蔵母

Author:雷蔵母
東京都在住 Tokyo,Japan

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR


横浜の病院day

   
今日は一か月ぶりの横浜遠征。

こちらの病院、すごい坂の上にある。
勿論車で病院横づけはとても無理。
005_20121207165417.jpg
この坂の突き当りが病院。
駐車場は国道沿いにあるので、歩いて上がる。


012_20121207165441.jpg
病院なのに、ここにくるといつも盛り上がる。

013_20121207165450.jpg
テラスを下ると絶好のトイレ場

023_20121207165516.jpg
病院の坂、最初来た時は足が悪く降りるのに躊躇した雷蔵
今日は帰りもスタスタ~

診察ではとてもよい状態とのこと。

次回かその次ぐらいに投薬終了だそう

先生に整体の先生に顎関節症と言われ治療したことを伝えると

「えっえ 凄いなぁ、その先生・・あっほんとだ治ってる。」

「小指の捻挫も診断されましたよねぇ~その先生。
どこを診てそう判断されたんだろう・・・?
ぼくなんか骨格・関節・組織とかモロモロ勉強して、やっとここまでくるのに25年もかかりましたよぉ。
凄いなぁ、興味あるなぁ・・・。」

こちらの先生、雷蔵のトレーナーの先生もご存じ。
「普通の動物病院でお手上げな子は、その病院を紹介されるのよね。とても有名ですよ。」

大学病院の「ホリスティック?ホモトキシコロジー?知らないなぁ。うちはそんな治療やってないんで。」
といった高飛車さまるで無し。

雷蔵の触診がすぐ終わったので、整体の先生の治療について歓談。
肝臓・腎臓は周波数の不協和音?で異常がわかる、歩様をみながら足の悪い箇所を見極めて何度も治療する、
もちろん、前足だけじゃなく後ろ脚も治療していたことなど。

「いやぁ・・その先生、凄くてコワイなぁ。、また、色々教えてください。」

「この5週間やることは、しっかり運動、アップダウンはいいですね~
次第に筋肉の左右差が無くなってくるんで。
左前足と後ろ右足、こちらの筋肉をつけていきましょう

引っ張りっこも歯を使って食いしばるのはよいそう

先生、本当に勉強熱心でよい先生だなぁと感心

次回は5週間後になりました。

帰宅後一時間でグランド
047.jpg
ボール投げじゃなくてくわえて逃げるのが雷蔵流・・・母追いかける
054_20121207204005.jpg
こんなに走れるようになりました

033_20121207203910.jpg
タミーちゃん、読売新聞で連載されている小説のモデル犬ちゃん


040_20121207203931.jpg
こちら何が何だかわからないハルカ&ナツミ姉妹

069.jpg
唸りながらの引っ張りっこにドン引きのマーティー君


家に帰って放置していた携帯見たら、父から着信とメールが。
「雷蔵君は???」の一言のみ。

地震で雷蔵が心配だったらしい

| comments(2) | trackbacks(0) | page top |
Re: No title
エレーナ母様

大型犬はカートですら、かなりフィニッシュの辺りキツイ坂なのでツラいですね。
本当に、熱心な先生なんですよ。

もしも手術とかの時にはこの先生にお願いしたい!と思っちゃいました。

我が家では「不死身の母」なので、心配されたことありませんv-13
No title
ある程度健康でないと大型犬はかかれない病院ですね。笑
脚とか折った子をかかえてこの坂駆け上がる飼い主、想像しちゃいました。

自分の知らない治療法を患者さんに教えられて否定しない先生、希有な存在です。
良い先生に囲まれて、雷蔵くん完治も間近ですね。
(その良い先生を見つけ出しフットワーク軽く連れて行かれるママさんがすごいよね)

パパさんってば〜。お世辞にでも、ママさん心配して見せたら?って、何処も同じですが。


この記事のトラックバックURL:
http://raizo0806.blog.fc2.com/tb.php/67-217e7768
<< NEW | TOP | OLD>>